セミナー


受付中・開催予定のセミナー    過去のセミナー


受付中・開催予定のセミナー

タイトル 開催日 開催場所 詳細



-開催終了-

過去2年間に受付していたセミナー概要




小阪裕司短時間セミナー『心の豊かさを求める新しい消費社会における「品揃えの新基準」』
大阪開催日
2012年10月 3日

時間
18:30~21:00

場所
梅田「梅田スカイビル」


東京開催日
2012年10月 3日

時間
18:30~21:00

場所
市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」


講師
小阪裕司

参加費
1人 10,500円(税込み)


<レポーター:毎熊百合子>
今年の1月にスタートした短時間セミナーも今回で4回目となりました。

スタートの1月は「新しい商いの成り立ち(ワクワク系ヘキサゴン)」の全容をお話ししました。
2回目からはワクワク系ヘキサゴンの中から1つずつテーマを取り上げています。

4月は「顧客作り」:『絆づくりマーケティングの真実』
6月は「商品力」:『変化が加速する新しい時代における「商品力」』
そして今回が「品揃え新基準」:『心に豊かさを求める新しい消費社会における「品揃えの新基準」』

「品揃え」という言葉が誤解を生みそうですが、小阪が言う「品揃え」とは、
商品のラインナップのことでありません。
商品は単に「物」ではなく、単に売るものではないのです。
また、1つの“物”でもとらえ方を変えると広がりを持つという話を、
小阪はドミノ倒しをイメージし考えているという話も興味深く、
より理解が深まったのではないか思います。


参加された方の声を是非ご覧ください。



セミナータイトルがどんどん長くなっています。
どこまで長くなるのか、気になって仕方がありません。(笑)
皆さまも次回をお楽しみに!



小阪裕司シークレットトークライブ
開催日
2012年7月17日

時間
18:00~21:00(開場17:30)

場所
銀座 アコースティック&バーライブハウス「Miiya Cafe」

講師
小阪裕司

参加費
お1人10,500円(税込み・ワンドリンク付)


<レポーター:毎熊百合子>
ホームページから一般の方へもご案内しました「小阪裕司シークレットトークライブ」
開催をご案内した段階では、
“新刊ネタのため内容の詳細が発表できない”、
“日々進化し続ける新刊に向けての小阪の頭の中を具体的にお伝えすることができない”ため、 内容がシークレットのトークライブでした。

少人数で、会場も大きくはないので、ご参加のみなさんの息遣いや、小阪のどんな言葉に反応されているかが、 後ろで見ていたスタッフにも伝わってきました。

そうそう、会場といえば青野がメールレターで、 “下見に行った小阪が「こわい…」と言った”と 書いていたので、どれほどか?と 私も楽しみにしていたのですが、会場のお店が入っているビルの小路に入ったとたん、「おー!昭和だぁ」。
確かに独特の雰囲気で、それも楽しんでいただけたのではないかと思います。ねっ!





小阪裕司短時間セミナー『変化が加速する新しい時代における「商品力」』
開催日
2012年6月20日

時間
18:80~20:45(開場18:00)

場所
麹町「ホテルルポール麹町」

講師
小阪裕司

参加費
1人 10、500円(税込み)


<レポーター:毎熊百合子>
大阪では、6月4日に開催した『変化が加速する新しい時代における「商品力」』短時間セミナー。
少し間が空きましたが、6月20日に東京で開催致しました。

短時間セミナーは大阪・東京でそれぞれ3回開催しましたが、一般の方のリピーターも多く この機会を楽しみにして下さっているようです。

セミナー終了後は小阪の著書やDVDを販売しており、会員さんも“この機会に”と 買われていきます。送料かかりませんし。

そうそう、実践会サロン&ライブラリーでも、本屋さんで手に入りにくい小阪の著書を販売しています。お越しの際は是非どうぞ!(笑)

すみません、宣伝でした。
レポートに戻ります。

今回のお話し「商品力」とは、商品が持っている価値を掘り出すということ。 そのためのツールも登場し、「このマップでさっそく価値を掘り起こします!」と 高らかに宣言される方がたくさんいらっしゃいました。

いただきました感想の一部をご紹介します。





小阪裕司短時間セミナー『変化が加速する新しい時代における「商品力」・大阪』
開催日
2012年6月4日

時間
18:30~20:45

場所
梅田「ハービスENT」

講師
小阪裕司

参加費
お1人10,500円


<レポーター:毎熊百合子>
ワクワク系ヘキサゴンに基づいて1月から開催しているこの短時間セミナーも3回目となりました。
大阪での過去2回の開催は土曜日の午前からでしたが、来て下さる方にとって参加しやすい曜日や時間はいつなんだろうかという思いもあり、今回は平日の夕方からの開催と致しました。このような試みができるのも短時間セミナーならでは。
アンケートもとらせていただいたので、今後の参考にさせていただきます。

今回のセミナーのテーマは「商品力」。
商品力って、商品がもともと持っている価値のこと?
価値はあっても、客さんはその価値を認識してる?

セミナー中も大阪ならでは(?)のフレンドリーな雰囲気で、「うんうん」とうなずいて下さる方が多いと、後ろで見ているスタッフもなんだか安心致します。

いただいた感想の一部をご紹介します。





小阪裕司短時間セミナー『絆づくりマーケティングの真実・大阪』
開催日
2012年4月21日

時間
10:00~13:00

場所
大阪・梅田「梅田センタービル」

講師
小阪裕司

参加費
お1人10,500円





小阪裕司短時間セミナー『絆づくりマーケティングの真実・東京』
開催日
2012年4月17日

時間
18:00~21:00(開場10:30)

場所
東京・市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」

講師
小阪裕司

参加費
お1人10,500円


<レポーター:毎熊百合子>
ワクワク系ヘキサゴンをひとつずつ取り上げ、詳しく解説するシリーズセミナーの第2回目。
1月に開催した前回は、会員さんと会員さん以外の方の割合が半々でしたが、 今回は会員さん以外の、一般の方のご参加が多く、 社会全体で考えるテーマにたくさんの方が反応していることを感じます。

2011年を表す漢字にも選ばれた「絆」。
この「絆」という言葉が一人歩きしてしまわないよう、 正しい「絆づくり」「絆マーケティング」をお伝えしようというセミナーでした。

1月の開催は休憩を挟まず2時間30分ノンストップでしたが、
今回は休憩を入れて3時間。。
とは言うものの、小阪はお伝えしたいことがたくさんあるので、
休憩時間も「短めに」と、もどかしい様子でした。

いただいた感想の一部をご紹介します。





小阪裕司短時間セミナー『今、選択が迫られる、商品開発と店舗経営』
大阪開催日
2012年1月21日

時間
10:30~13:00(開場10:00)

場所
梅田「ハービスPLAZA」5F


東京開催日
2012年1月24日

時間
18:30~21:00(開場18:00)

場所
市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」


講師
小阪裕司

参加費
1人 9,800円(税込み)


<レポーター:毎熊百合子>
1月21日(土)は大阪、1月24日(火)は東京で開催しましたこのセミナー。
昨年の8月に開催した「ビジネスの問題解決を誤らない・遠回りしないシステム術」同様 メールレターでもご案内し、実践会の会員でない方にも門戸を広げ、たくさんご参加いただきました。

短時間セミナーとはいえ、2時間30分ノンストップ。
内容も結構なボリュームで、参加された会員さんからは 「ワクワクの下地がなくてこのセミナー内容を腹に落とすにはかなりエネルギーがいるのでは。」と ご心配いただくほど。

しかしながら、会員さんも会員でない方も聴く熱意は一緒。
今回参加くださった皆さまは、漠然とだったり、具体的だったり感じ方は様々でも、 ビジネスにおけるこれまでとの変化を感じ、「今、しなければ」という危機感を持たれているお気持ちは共通していたようです。

お知り合いを複数お連れになったり、社員・スタッフの方と大勢で参加すると 同じ情報を共有でき、自分の考えに理解が得られることも、この短時間セミナーの よいところなのだと思います。

さて、そのセミナーの内容は…
「ワクワク系ヘキサゴン」
かつてモノのなかった時代に人は便利さを求めていたけれど、 モノは満ちている今、便利や必要より大切なことは?
従来のビジネスとこれからのビジネスを6つの成立要件で 対比し、示されたことで理解も深まりました。





ワクワク系実践オープンカレッジ
開催日
2011年8月26日

時間
「午前の部」10:00~12:15
「午後の部」13:00~15:15
アクティベーションタイム 15:30~16:00 

場所
ホテルアイビス(東京・六本木)

講師
「午前の部」小阪裕司、ゲスト講師:コスコジ・備前利朗さん
「午後の部」小阪裕司、ゲスト講師:レディバグ・市野里代子さん

参加費
「午前の部」1人 21,000円(税込み)
1社につき2人目以降 1人 10,500円(税込み)
「午後の部」1人 21,000円(税込み)
1社につき2人目以降 1人 10,500円(税込み)
アクティベーションタイム 今回特別、無料!


<レポーター:井上三枝>
成果を上げている先輩実践者をゲスト講師としてお招きし、ワクワク系を知る前から今日までの詳細をおうかがい。
小阪が実践者の方の生のお話をポイントごとに掘り下げ、聞いている方もご自身に置き換えて考えられるよう解説するセミナー、「ワクワク系実践オープンカレッジ」。これまで2007年から2年間、計24回開催してきました。

今回3年振りの復活で、貴重な体験を公開して下さった先輩実践者は、次のおふたかた、「社長のアカデミー賞2009」グランプリ受賞、店長の髭剃りを特典にしてしまう、育児ノイローゼが治るお店、コスコジ・肥前利朗さんと、「社長のアカデミー賞2009」2度目の準グランプリ受賞・ノミネート常連、バッグ屋から里代子屋への数々の実践、現在は携帯電話でコミュニティを育む、あのLadybug 市野里代子さん。

肥前さんは、このセミナーのために当時の写真やちらし、ニューズレターなど膨大な資料(約380点以上)をご用意いただきました。この膨大な資料の数が物語る、肥前さんの楽しい中にも隠された創意工夫がある「実践知」の真髄が、小阪の解説により解きほぐされておりました。

市野さんは今回2度目のご登壇。市野さんの実践は、実践会サロンで定期開催している「オープンカレッジDVDセミナー」で拝見していましたので、資料整理担当の私は、ある程度「知っている」つもりで望んでおりました。

が、それはさらに変化された市野さんの前ではまったくの見当違い。市野さんの実践の裏にある多くの試行錯誤やお客さんに対する深い想いは予想以上で、生で語られるとズシンと響きました。

ライブの良さはその五感からの学び・伝わってくるエネルギー。
午前は、コスコジ肥前さんの膨大で珠玉の実践を伝えたいという熱意が溢れすぎ、時間オーバーとなってしまいました。
また、午後から機材トラブルも重なり、寸暇を調整しながらご参加いただいた方々に、大変申し訳ありませんでした。

次回は、熱意と時間管理のバランスを意識しつつ、一層充実したセミナーとなるよう精進いたします!





ビジネスの問題解決を誤らない・遠回りしないシステム術
開催日
2011年8月1日

時間
18:00~20:45(開場17:30)

場所
ホテルルポール麹町

講師
小阪裕司

参加費
会員特別価格 お1人8、400円(税込み)
*会員特別価格は、会員ご本人および、社員・ご家族に適用します。
会員外一般価格 お1人10,500円(税込み)


<レポーター:毎熊百合子>
4月25日に京都・5月11日に東京で開催しましたチャリティ講演の中でお話しした 「ビジネスは血の通ったシステムである」というトピック。
この「システム」について“もっと知りたい、もっと聞きたい”とのご感想をたくさんいただき 開催が実現したセミナーです。

このセミナーはワクワク系マーケティング実践会会員限定ではなく、ホームページやメールレターで一般の方へもご案内したところ、たくさんのお申込みをいただきました。
また、前日・当日になっても「まだ大丈夫ですか?」とのお問合せも多く、会場入りする直前までてんやわんやでした。

さて、その内容は、
● ビジネスをシステムとして捉えないことから起こる5つの問題とは
● モデル構築のための重要な3つの留意点
● 「血の通ったシステム」構築・進化のための5つの心得 など、
2時間45分という短い時間ではありましたが、非常に充実したものでした。




「買いたい!」のスイッチを押すセミナー in 京都
開催日
2011年7月21日

時間
10:00~16:00(開場9:30)

場所
財団法人京都高度技術研究所10階

講師
小阪裕司

参加費
1人目 52,500円(税込)
1社2人目から 31,500円(税込)


<レポーター:青野志のぶ>
6月7日に東京で開催いたしました、 『「買いたい!」のスイッチを押すセミナー』が 大好評だったため、急遽、京都開催決定!

7月21日の当日には、東京では日程が合わなかったのか評判に動機づけされてか、埼玉や岩手からかけつけて下さった方もいらっしゃいました。


今回のセミナーのミソは、小阪のここ4年間に渡る専門的な研究で明らかになってきた 「トータル・ルージング・パワー(TRP)」

参加者のご感想は次のとおり。東京開催がとても良かったので相応の自信はありましたが、このようなご感想をいただけるとやはりほっとします。嬉しいです。


と、セミナー内容は大評判だったのですが、お弁当でハプニングが!

初めて手配した仕出し屋さんで、思った以上に本格的なお料理&器。
結納や法要のお席でお料理をだされることが多いようで、セミナー合間の場所と時間では「どうなさるおつもりでしょうか?!」とハラハラするほど後手後手&人手不足。

「申し訳ありません!ご馳走を用意しすぎてしまい、配膳に時間がかかります!」という私の言葉に、 ご参加の皆さんは笑いながら、すすんでお手伝いくださいました。

助かりました!ありがとうございました!!



東日本大震災復興講演会・仙台
開催日
2011年6月27日

時間
13:00~16:30

会場
仙台市青葉区「ハーネル仙台」

講師
小阪裕司

参加費
無料


<レポーター:青野志のぶ>
4月の京都・5月の東京に続く、震災復興支援のための講演会。最終回の仙台は、被災地での開催ということで、準備する者も話す者も、今までとは違う緊張や配慮がありました。

あいにくの雨でしたが、満席、200名以上の方にご参加いただき、ご好評をいただきました。ありがとうございました。

お話しの内容は、言葉に気をつけながらも、京都・東京と原則変わりません。

震災により一層加速してしまった消費の変化とビジネスは何をどのように目指していくべきなのか、そのビジョンと方法を全国のビジネスパーソン向けてお話ししています。それが、弊社の役割であり、一番力が発揮できる支援だと考えるからです。(東京開催の収録DVDの販売を始めましたので、どうぞご覧下さい)


そして、夜は「小阪裕司と語り合う一夜 in 仙台」
様々な、2度とはしたくない体験を乗り越えて、14名の同志が、地元仙台はもちろん福島・岩手からも、そして仮設住宅からも集まってくださいました。

会場は、「同じお金を使うなら会員さんのお店で」と決めた、コンセプション・沼倉さんのお店「ガルプダウンカフェ」。いやぁ、会員さんのお店じゃなくても、ここにして良かった!と思いました。雰囲気もお料理もとってもおいしい!スタッフのみなさんも素敵!ありがとうございました!!

当日お誕生日だった黒澤さんの、ハッピーバースデー&乾杯からはじまり、

それぞれのとても書ききれない体験をうかがったり、いち早い動きで有名になった宮城生協では実際何があったのか宮城生協の黒澤さんにうかがったり、長いつきあいの仕入先の商品から放射能が検出されてどうしたらいいのかとご質問があったり、復興市で販売していらっしゃるわたや・菅原さんのオリジナルTシャツを見せていただいたり、避難所に届けた支援物資のアナザーストーリーをお話ししたり。
話しはつきませんでした。

「今、主婦だから明日の朝ご飯を作らなくちゃ」
お母様を津波で亡くされ、大家族にもなって、2次会に参加されずにお帰りになった米澤さん。

「こんなのうちにもあったのよ」
2次会のお店にあった古い家具を見てつぶやかれたのは、ご自宅もお店も流された菅原さん。

みんな、痛みも悲しみも抱えながら、がんばっています!




通行人をお客様に変える看板・外観・サイン術
開催日
2011年6月8日

時間
10:00~16:00

会場
新横浜国際ホテル・マナーハウス南館

講師
小山雅明先生・小阪裕司

参加費
1人目  52,500円(税込み)
1社2人目から  31、500円(税込み)

6月8日『通行人をお客様に変える看板術』と両セミナー併せてご参加の方
1人合計  84,000円(税込み)
1社2人目から合計 63,000円(税込み)


<レポーター:井上三枝>
二つの動機付けセミナー・2日目は、アイワ広告株式会社・小山雅明先生の「通行人をお客さまに変える看板・外観・サイン術」。小山先生は、看板視認性の改善・ショップアイデンティティによる集客サインコンサルティングの専門家です。

「なぜこのお店に入らなければいけないのか?」―自店を見るときのオーナーとお客様とのギャップ、いかにお店の良さを伝えきれていないか。看板によって、来店客数がUPするのはもちろんなのですが、クレーマーが激減し、お客さんの質や層が変わっていく事例も紹介され、適切な方法、法則に則り、きちんと伝えれば、看板ひとつでお客さんの流れを変える。風を呼び込むことがあるということを教えていただきました。

午前から午後にかけて、小山先生の具体的でわかりやすい実践事例を元に展開された充実のセミナーの後、午後の後半は小阪との対談。ここで、2つの動機付けセミナーが総括されました。二つの動機付けセミナー、単独で受講してもそれぞれに学び深い講座なのに、合わせて聞くとさらに深まっていくようで、「2日間でよかった」というお声も多くの方からいただきました。

「お客さんが入ってくれなければ予選落ち」
「昨日の売上・先月の売上とは、やったこととやらなかったことの結果。そして1年後は、現在のやったこと・やらなかったことの結果である」という小山先生の言葉が印象に残った講座でした。

受講後のアンケートでは9割の方が「大変満足」「満足」とご回答いただいた講座(他1割は未記入) ― ご感想の一部をご紹介いたします。




「買いたい!」のスイッチを押すセミナー
開催日
2011年6月7日

時間
10:00~16:00

会場
新横浜国際ホテル・マナーハウス南館

講師
小阪裕司

参加費
1人目  52,500円(税込み)
1社2人目から  31、500円(税込み)

6月8日『通行人をお客様に変える看板術』と両セミナー併せてご参加の方
1人合計  84,000円(税込み)
1社2人目から合計 63,000円(税込み)


<レポーター:毎熊百合子>
6月7日・8日の2日間連続で開催しました『二つの動機付けセミナー』
1日目は「買いたい!のスイッチを押すセミナー」

消費感性が変わってきている今、どのようなシナリオを描けばお客さんの「買いたい!」気持ちにつながるか。
そのカギはトータル・ルージング・メソッド(TRM)。

「こんな時だから」と、消費をしないのではなく、
お客さんは心の豊かさや毎日の充実感を求めているということ、
可及的速やかでなくても、ハッピーになれるのなら、「買いたい!」のスイッチが押されるんだよ、
そうするには…、などなど、盛りだくさんの内容でした。


後半はゲストに家具のサワキの佐脇さんをお迎えしました。
小阪との対談形式で、情報誌や日経MJでも取り上げられたあのPOPがどうやって生まれたかや、ギャッペ展の取り組みをたくさんお話しくださいました。

佐脇さんのお話しをうしろで聴いていて、「ギャッペ欲しい!」と、すっかり動機付けされてしまいました。



東日本大震災支援・チャリティ講演会/東京開催

日 時:
2011年5月11日(水)12:30~15:00


場 所:
東京・千駄ヶ谷「津田ホール」
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24
・JR線/中央線 「千駄ヶ谷駅」下車
・地下鉄/都営大江戸線「国立競技場駅」下車
地図 http://tsudahall.com/THHP/annai.html


演 題:
「今、この時だからこそビジネスパーソンに伝えたいこと」
~これからの消費の読み方と商工業が元気になる具体的手立て~


講 師:
オラクルひと・しくみ研究所代表・博士(情報学) 小阪裕司
  九州大学客員教授・静岡大学客員教授・中部大学客員教授
  日本感性工学会理事

定 員:
490名

参加費:
2,000円から(集まった参加費は全額支援金といたします)


当日は満席のご来場をいただきました上、
1,365,473円の募金をいただきました。

皆さんの暖かなご支援、誠にありがとうございました。


お預かりいたしました全額は、2011年5月24日に、
被災した子どもたちが、進学の望みを断つことのないよう支援したいという
小阪の願いと主旨が一致いたします

「びっきこども基金」(http://bikkifund.net/index.html)へ振り込みいたしました。




東日本大震災支援・チャリティ講演会/京都開催

日 時:
2011年4月25日(月)13:30~16:00


場 所:
京都・烏丸丸太町
京都商工会議所3階 講堂

〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル
・地下鉄・烏丸線/『丸太町』駅下車-南6番出口が当ビル地階に直結
・京都市バス、京都バス「烏丸丸太町」下車、烏丸通りを南へ
地図 http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/access.html


演 題:
「今、この時だからこそビジネスパーソンに伝えたいこと」
~これからの消費の読み方と商工業が元気になる具体的手立て~


講 師:
オラクルひと・しくみ研究所代表・博士(情報学) 小阪裕司
  九州大学客員教授・静岡大学客員教授・中部大学客員教授
  日本感性工学会理事

定 員:
300名

参加費:
2,000円から(集まった参加費は全額支援金といたします)


当日は満席のご来場をいただきました上、
952,200円の募金をいただきました。

皆さんの暖かなご支援、誠にありがとうございました。



<京都開催満席・ご参加ありがとうございました。>









小阪裕司の学位・博士(情報学)取得記念セミナー
開催日
2011年4月19日

時間
13:00~18:00

場所
「財団法人京都高度技術研究所」10階

講師
小阪裕司

参加費
1人 52,500円(税込み)


<レポーター:青野志のぶ>
長い道のりでございました。
ようやくこの日を迎えることができました。

小阪裕司の博士学位論文のタイトルは、
「顧客価値創造支援のためのモデル構築とその意思決定支援ツールに関する研究」

本人も覚えきれないんじゃないかと思うような長いタイトルの論文・研究を扱うこのセミナー、
正直申しますと、「参加者はいるのだろうか?!」と思っておりましたが、あけてびっくり!
17名もの方がご参加くださいました。

さらにびっくり!セミナー内容がとてもおもしろくて、皆さんも反応するする。

どうぞその様子は、ご参加の方々のご感想からお察し下さい。




第2回 法人営業のための「感性価値創造」と「先進的経営手法」の融合実践セミナー
開催日
2011年2月25日

時間
10:00~17:00(開場9:45)

場所
名古屋

講師
小阪裕司・児玉充晴先生

参加費
1人 84、000円(税込み)/全2回分
1社につき2人目から1人 63,000円(税込み)/全2回分


<レポーター:キングラン東海株式会社・原田浩史さん>
小阪先生と児玉先生のジョイントセミナ―2日目も大変刺激的な内容でした。

午前中は宿題の「アカウントマネジメントプラン」「型紙営業の検討」について、 提出されたものを題材に、児玉先生が様々なヒントを下さりました。

私自身、提出した課題をいろんな角度から掘り下げて頂き、 小阪先生からもコメントもあり、正直ここまでしてもらえるのか、と感動。

午後は、児玉先生のマネジメントについてのノウハウと、 小阪先生による集団力学の解説。

児玉先生のノウハウはすぐにでも出来るものが多く、早速会社でも採用しました。
小阪先生の集団力学には目からウロコ。組織運営に勇気を頂きました。

夜はぜいたくにもお二人を交えた懇親会。
直接アドバイスや占い(?)もしていただきました。

懇親会では、先生お二人の話だけでなく、 参加者の皆さんとの意見交換が刺激になりました。

皆さんの会社事情や実践会での活動をお聞き出来、 やらねば!と奮起する一方で、皆同じことで悩んでる、と安心を頂いたり。
実は私自身経営人生を変えるほどの出会いもありました。
とにかく、私にとってすごく贅沢な2日間でした。
是非また参加したいと思っています。



第1回 法人営業のための「感性価値創造」と「先進的経営手法」の融合実践セミナー
開催日
2011年1月21日

時間
10:00~17:00(開場9:45)

場所
名古屋

講師
小阪裕司・児玉充晴先生

参加費
1人 84、000円(税込み)/全2回分
1社につき2人目から1人 63,000円(税込み)/全2回分


<レポーター:喜惣治屋株式会社・江部繁幸さん>
入会して初めて名古屋でのセミナー開催。しかも「法人営業のための」というテーマでしたので、法人向けのソフトウェア開発・販売をやっている私は、迷わず参加を決めました。

小阪先生と中部大学教授の児玉先生とのジョイント形式のセミナー。今回は全2回開催の1回目です。

まず小阪先生の講義からスタートしました。今まで法人営業に特化したセミナーは聞いたことがありませんでしたが、実際に聞いて、とても安心しました。いちばんの収穫は、相手が個人の顧客でも法人の顧客でも「しくみ作り」が大切という事に変わりないということが確認できたことでした。

そして次は児玉先生。大学教授の講義は正直、堅苦しく難しいものだと思っていましたが、いい意味で予想は外れました。民間企業での経験が豊富という経歴を持つ先生だけに事例も多く、具体的な営業ツールの説明などを面白く説明してくださいました。

最後に小阪先生と児玉先生を囲んでの懇親会もあり、とても充実した1日となりました。






小阪裕司最新刊発売当日・緊急開催セミナー
     『今、「顧客との絆」が事業資源である時代に大切なこと。』


開催日 :2010年11月10日(水)

時 間 :10:00~17:00

会 場 :新横浜国際ホテル

参加費 :実践会会員優待価格 1人:42,000円(税込み)
      一般受付        1人:52,500円(税込み)


2010年11月10日に角川書店から発売された小阪裕司最新刊『お客さまの「特別」になる方法』の内容と、本にはまったく書かれていない内容・本では詳しく説明されていない内容を、発売当日に小阪裕司本人が詳細にお話し致しました。

それをもとにしたグループでの創発や、質問に小阪がお応えする・重点解説をする時間もたっぷりとり、参加型のセミナーとなりました。

当初、先着40名の受付を予定しておりましたが、60名を超えるお申込をいただき、急遽会場変更しての開催となりました。

会場の様子と参加者のご感想の一部をご紹介致します。



← 株式会社ジャック植田さんの感想

今までは漠然と?お客様と良い関係を作っていこう、顧客を作っていこう、と考えていましたが、今回の講演を聞いた事で何故、それが必要なのか、そもそもその事はどういう事なのか、という事が具体的に明確になったように思います。
そもそも「絆」ってどういうもの?どうすればできるの?という事を明確化していく内容であったと思います。
そしてその絆を育む上で必要な要素の大きな1つの「情緒的な体験」という事を知った事も大きな収獲でした。これは自分も体験した事があり、またスタッフ達も体験・実践している事なので、この先これを追求し実践していきたいと思います。
そしてそして最も大きな学びは「他利性」というキーワードです。そして「絆づくり」は人間が生来そなわっている他利性が発動するという事が印象的でした。そして世の中の多くの企業が絆を育むビジネスを行えば、そこには本当に豊かで、優しくて、幸せで、愛のある社会が生まれるのではないかと思いました。そんな社会作りに少しでも役立てればうれしいと思います。楽しかったです!!







『小阪裕司シークレットトークライブ』

開催日:2010年7月13日(火)

時間 :17:30~21:30

会場 :銀座TACT(老舗ライブハウス)

参加費:1人10,500円(ワンドリンクつき)


小阪は本を書くとき、しゃべってから書きます。
この詳細につきましては、ポッドキャスト第95回「小阪裕司流・本の書き方」をお聴き下さい。

ということで、この「シークレットトークライブ」では、秋出版予定の新刊の内容をお話し致しました。
その、秋出版の新刊というのが、後の、『お客さまの「特別」になる方法』(2010年11月10日出版)です。

シークレットライブの内容のほんのさわりは、
ポッドキャスト第97回『今年秋出版(予定)の新刊内容をちょっとだけ…』

その後、このトークライブと新刊がどう変わったかは、
ポッドキャスト第105回『新刊のタイトルが変ったところにミソが?!』


をお聴き下さい。

トークライブは五感を通じてお伝えできること、客席の反応を見ながら言葉を重ねられること、などから、荒削りながら著書より情報量が多いことが多いです。

書き下ろし新刊を手がける時は、その4ヶ月ほど前に、よくトークライブが開催されます。