【受付中・ワクワク系マーケティング説明会】 5/17東京 5/29横浜 6/12東京 6/23福岡 7/5愛知 → 詳細
大変不定期なメールマガジンですが、 弊社が主催いたします、一般受付をする 新プログラム・セミナー・イベントの ご案内、新刊のご案内などを、いち早くお届け致します。 ご希望の方はご登録ください。

お名前
アドレス
商売の極意 ― それは、人の営みのヒミツ。人間の科学 ― それは、商売に通ずるトビラ。
この番組では、学術研究と商売の現場での実践を併せもった小阪裕司独自の視点から、「商売の極意と人間の科学」をお伝えいたします。 →こちらから
「ワクワク系マーケティング実践会」・無料レポート請求・教材の販売などのご案内はホームページが異なります。
よくある質問
会社概要
プライバシーポリシー

売上げとは、常に人の消費行動の結果です。
そして、その行動の背景にあるのが「感性」です。

何となく入ったカフェやふと目にした服のデザインを見て
「お、いいなあ」と思ったり、買いたいという気持ちが生まれたり生まれなかったり、
それらはみな人の感性のなせる業で、感性から消費行動が生まれてきます。

したがって、その「感性」を研究していくことは、
売上げを生みだす秘密に迫ることに他なりません。

私たちは、
「感性価値創造」というテーマから、この秘密に取り組み続け、
すでに数多くのビジネス現場での実践的成果と、
国内外で評価される学術研究上の成果を生み出してきました。

そして今日も、
日本感性工学会をはじめとして、多分野の研究者や大学とも連携しながら、
全国のビジネスパーソンや企業と共に、
人の感性と行動を軸にしたビジネスマネジメント理論の体系化と、
ビジネスの規模や種類を問わず、誰でも取り組み成果を出すことのできる、
ビジネス現場での実践法を開発し続けています。


「感性価値創造」というテーマの実践には、
まずは感性価値の高い商品やサービスをいかに創り出すかという課題があります。
「創り出す」ということは、「ものづくり」を行う製造業はもちろん、
品揃えやサービス、空間などを創り出すことも含めて、
小売・サービス業など幅広い業種における大きな課題です。

また感性価値創造は、創り出すことについ視点が偏りがちですが、
その商品やサービスなどの持つ感性価値を、
どうしたら知ってもらえるか・感じてもらえるかも重要な課題で、
この二輪がそろってはじめて感性価値創造が成されます。 

とりわけ現状、後者はサプライチェーン上で十分に成されておらず、
これこそは今日のマーケティングの課題でもあります。

さらには、感性価値創造の具体的な取り組みには、
ものづくりを行うにせよ、サービスの現場にせよ、
感性価値を知ってもらう・感じてもらうための活動にせよ、
人の持つ創造性が発揮されていくことが不可欠です。

それゆえに、創造性の豊かな人材の開発・育成と
そういう人たちの集団である企業組織作りは必須課題です。

その意味では、
これを加えて感性価値創造の実践には
3つの大きな課題があるともいえるでしょう。




私たちは
「感性価値創造」に関わる多くの人々や団体、
経済産業省や農林水産省、各大学、学会・研究団体、
商工業支援団体、新聞社等のメディアらと直接の連携をとりながら、

感性価値創造の3つの課題

  1.いかに感性価値の高い商品やサービスを創り出すか

  2.いかにその高い感性価値を知ってもらう・感じてもらうか

  3.いかにそれらが実践できる人と組織を育成するか


の具体的な方法論と実践手法を研究・開発し、
実際のビジネス現場を通じて実証していきながら、
ビジネス社会に広め続けています。